|曹洞宗 光圓山 嶺松院|鳥取県東伯郡琴浦町│永代供養│葬儀|教育指導|悩み相談|

qrcode.png
http://reisyouin.jp/
モバイルサイトにアクセス!
曹洞宗 光圓山 嶺松院
〒689-2305
鳥取県東伯郡琴浦町大字槻下493
TEL.0858-53-1671
FAX.0858-53-2308
―――――――――――――――――――――
寺院
葬儀
永代供養
―――――――――――――――――――――
 

子授け

 

子授け

子授け
 
おびんずるさん
賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)とは、お釈迦様の16人の弟子(16羅漢)の一人ですが、日本では「なでぼとけ」の別称で多くの方の信仰を集める仏さまです。
昔からおびんずる様(賓頭盧尊者)の体を触って、その手で自分の体を撫でて拝むと、病気が治り、痛いところも無くなると云われています。また、子授けにもご利益があると云われ深く信仰されています。
 
≪子授け仏の由来≫

尊者がお釈迦さまの弟子となってのち、王舎城外に坐禅をしておりました。その時、近くに騒がしい人声を聞きました。それは、長者の子が竿の先に金で作った馬をつけて高く掲げました。「神通力で取ることが出来た者にそれを与える」というのです。人々は神通力がなくて取ることが出来ず大騒ぎしていました。それを知るや、賓頭盧尊者は坐禅をしたまま、坐禅の石床と一緒に空高く舞い上がって金の馬を取り、それを振り動かして幾度となく旋回をしました。

人々は、尊者の石床が落下したら大変だと騒ぎましたが、その騒ぎの中に臨月に近い妊婦がおりました。しかし、驚きと恐れとのために流産してしまったのです。それをお釈迦さまがおききになり、尊者の所行を戒められました。尊者は痛く慚愧し「人々の苦悩の救護」に尽くすよう誓願をたてました。これにより、「なでぼとけ」だけではなく、「子授けぼとけ」としても神通力を発揮するようになったのです。

 
子授け守り
子授け守り・・・500円
   
お参りの方法
本堂より入り、まずは正面のご本尊様に手を合わせます。
身体に痛い所がある方は、おびんずるさまのお身体のご自分の痛い場所を触り撫でて下さい。
また、子授けをご希望の方も同じようにおびんずるさまを撫でてから手を合わせて下さい。
 
ご希望の方は、予約にて子授けのご祈祷を行います。(電話にて予約可)
祈祷料・・・5,000円
 

子授けの祈祷

子授けの祈祷
 
子授けの祈祷
完全予約となりますが、電話にて予約が可能です。
お早目の予約をお願いします。
 

全国子宝スポットガイドに掲載

全国子宝スポットガイドに掲載
 
 ● 主婦の友生活社発行 2017年秋 「赤ちゃんが欲しい」の別冊
   「全国子宝スポットガイド」に掲載されています。
<<曹洞宗 光圓山 嶺松院>> 〒689-2305 鳥取県東伯郡琴浦町大字槻下493 TEL:0858-53-1671 FAX:0858-53-2308